補聴器は販売店で購入できるのか

補聴器は、専門店や一部の眼鏡チェーン店、インターネットなどの通販で購入が可能です。

補聴器のある・なし、どれくらい違うのか

生活の幅が広がる補聴器ありの生活

聴器のあるを過ごしていると、みんなの会話や呼ばれたときの返事ができるようになるなどの生活やコミュニーケーションに大きな変化をもたらします。外出時に音が聞きづらいことによって危険が伴う場合もありますが、補聴器をすることによって音が聞こえやすいようになり、行動の幅も広げることができます。

聞き取りづらいだけではない影響が大きい補聴器なしの生活

補聴器なしの生活は、会話の聞き取り低下やコミュニーケーション力の低下だけでなく、注意力の低下、記憶力の低下などにも繋がります。聞こえにくい生活は本人だけでなく、家族や友人といった周囲の人間にも影響を与えて、関係が悪化してしまう可能性もでてきます。

初めて検討する際に知っておきたいこと

補聴器

加齢や病気を原因とする耳の聴こえの悪化は、いつ誰にでも起こり得る障害のひとつです。もしそのような状態になった場合、毎日の生活を支えてくれるのが補聴器です。補聴器を購入する際には、必ず気をつけたいことがあります。よく通信販売などで聴力をサポートしてくれる器具を見かけますが、あれは集音器と言い補聴器ではありません。集音器は単純に音を拡大するための装置で、さまざまな音の聴こえ方を利用者に合わせて調整することができる補聴器とは異なります。聴力はとてもデリケートで、ただ音を大きくするだけで聴こえが改善するというものではありません。集音器は比較的低価格なため魅力的に思えるかもしれませんが、専門の販売店で購入できる補聴器とはまったく別のものだということはきちんと押さえておきましょう。

法律で定められた医療機器です

女性

補聴器の中でも現在主流となっているデジタル方式は従来のアナログ補聴器を圧倒する高性能で、これまでと変わらない日常生活を強力にバックアップしてくれます。法律によって厳格に定められた医療機器でもある補聴器は、利用する際に個人ごとの聴こえの状態や使用状況に合わせた調整を行う必要があります。そのため購入については、補聴器専門店や取り扱いのある眼鏡ショップなどの販売店を利用者が直接訪れることが基本となっています。

信頼できる店舗やスタッフを見つける

補聴器

補聴器の販売店では、プロのスタッフによる正確な聴力測定とその結果データをもとに一人ひとりのためのオーダーメイドの調整が行われます。また補聴器は購入してそれで終わりというものではなく、アフターケアも重要です。定期的なメンテナンスや聴こえの変化による再調整が必要となることもあり、それらのサービスを担うのも販売店の役割となっています。そのため自分にぴったりの信頼できる店舗やスタッフを見つけることがとても大切です。

広告募集中