HOME>アーカイブ>補聴器とはどんな役割をするのか、購入までの流れを調査

補聴器とは

音が伝わりにくいときに、音の情報を伝えて、不便なく生活するための機器です。雑音を抑えより会話が聞き取りやすく機能が搭載されています。

補聴器を販売店で購入するまでの流れ

本当に補聴器が必要なのかを確認

補聴器を購入する前に耳鼻科を受診し、本当に補聴器が必要か診断してもらいます。

補聴器販売店に来店する

補聴器は、専門店と一部の眼鏡販売店で購入が可能です。

聴力測定を行い聴力がどれぐらいか確認

聴力測定には、3つの測定があり、聴力を数値化してどこに分類されるのかが確認されます。

補聴器を試して効果が出るか確認

実際に補聴器を身につけて、本当に効果が得られるを確認します。

補聴器の種類から、自分に合った補聴器を選ぶ

数値化されたデータをもとに、補聴器を選びますが、種類も豊富にあるため、生活にピッタリかつ予算にあったものから選んでいきます。

購入の際のアドバイス

補聴器

補聴器を使用したい場合に購入できるのが専門の販売店です。インターネットで補聴器を販売しているお店もありますが、実店舗で補聴器を販売しているお店も日本各地にあります。補聴器の販売店では、顧客に商品を販売するだけでなく、商品に関するアドバイスも一緒におこなっています。補聴器を使用した経験がない人にとっては、どのような商品を購入すればよいのかわかりづらいこともありますが、販売店のスタッフに相談することで、自分に合ったものを見つけることができます。

購入前のフィッテイング

女性

補聴器の販売店のスタッフは、補聴器を使用するために必要なサポートも一緒におこなっています。これから初めて補聴器を使用する人にとって特に重要になるのが、製品の機能です。耳の聞こえ具合によっても最適な補聴器は異なってくるために、販売店では実際に補聴器を装着してみることを顧客に強くすすめています。装着して使用することで、機械をつけたときの耳の聞こえ具合の変化が具体的にわかるために、販売店で購入する場合には必ず欠かせないことです。

広告募集中