HOME>記事一覧>専門のスタッフがいるお店で購入することが大切

耳鼻科で見てもらってからお店へ

補聴器

耳の調子が悪く耳鼻科で見てもらったところ、『聴力が落ちている』と医者にいわれたかもしれません。そのまま放置していては日常生活に悪影響がでる可能性があるので、耳を聞こえやすくするための機器を購入しましょう。その機器は補聴器と呼ばれていて、専門のスタッフがいる販売店で購入することになります。補聴器が入った箱を持っていってレジで精算するような購入方法ではなく、相談しながら適切なものを決めるので専門のスタッフは必須なのです。いろいろなものを試して耳に合ったものを選ぶので、納得できるまで相談しましょう。

メンテナンスが大切

補聴器

自分の耳にピッタリとあった補聴器を購入したら、それで販売店との繋がりが消えるわけではありません。なぜならば、補聴器は買ったら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行う必要があるからです。不調で少しずつ聞こえが悪くなったとしても、耳の調子が悪い方は気がつくのが難しいでしょう。そのような事態にならないために、購入した販売店で定期的にメンテナンスをしてもらうのが大切だといえます。どのような内容でどのくらいの間隔でメンテナンスをやってくれるのかは販売店によって異なるため、補聴器の購入を相談しているときに確認してみましょう。

広告募集中